ホーム > 交通事故治療

交通事故治療

交通事故治療とは

交通事故

加害者の保険会社から連絡があったら
整形外科や病院で受診した後に、例えば当院で治療することを伝えてください。あとは保険会社と当院とのやりとりになります。

自分の保険会社への事故報告
自賠責保険、任意保険ともに加入されている場合は、後々問題が生じたときの相談や、車両保険等、種々の保険金給付を受けるためにも、両方の保険会社に事故報告の連絡を入れておきましょう。

こんな悩みでお困りの方は当院へ
(1)保険の手続きがよくわからないという方
治療に関する保険会社との交渉、連絡等は当院が代行します。ご安心ください。

(2)整形外科、病院など、他の治療院で症状の改善が見られない方
当院では患者さまとの意思疎通を図り、症状、痛みの部位などを正確に把握して、個々の患者さまに合った最善の治療をご提案。治療は必ず患者さまの同意のうえで進めます。

交通事故後の治療
実際に交通事故に遭った場合、さまざまな事故処理に追われて、自分の身体を気遣うことがおろそかになり、少し後になって症状が出てくることがあります。最初から大きなダメージを受けた場合も、自分では気づかないところに損傷を受けていたりします。いずれにしても放置してしまうと、身体機能に大きな障害が出たり、むち打ち、腰痛など、さまざまな痛みが現れたり、またその痛みがいつまでも繰り返されたりします。事故後の治療は早期かつ迅速に、そして完治するまではじっくりと継続して行うことが最も大切です。

むち打ち症について

むち打ち

交通事故などによって起こる首と首まわりの障害のこと。「むち打ち症」は通称で、正式には「外傷性頚部症候群」、あるいは「頸椎捻挫」と呼ばれています。首の痛みだけではなく、多彩な症状が現れることがあります。じん帯や筋肉、神経が傷ついているため、完全な治癒は難しく、長期間の治療が必要となります。また、むち打ち症には次の3タイプがあるとされています。

頚椎捻挫型
椎間板やじん帯が小さく損傷されるために起こる症状といわれています。直接的な首の痛み、固定化などがあり、正式名称がそのまま型名になっています。

バレ・リュー症候群型
頚椎の捻挫により交感神経の働きに影響が出ることが主な原因とされています。目まい、耳鳴り、頭痛など、多様な症状が現れることが特徴です。

神経根型
神経根が上下の頚椎に挟まれて起こるといわれています。首の痛み、腕のしびれ、知覚異常などを特徴とします。

交通事故治療を受ける前に

交通事故でケガを負ったとき自賠責保険の適用を受けるために

①「交通事故証明書」の交付を受ける

管轄の警察署に事故を届け出、警察署に備え付けの申請書に必要事項を記入します。これを各都道府県の自動車安全運転センターに直接提出、または郵送すると「交通事故証明書」が交付されます。
届出がなく、交通事故証明書が交付されない場合は、保険会社への保険金請求ができなくなります。必ず交通事故証明書の交付を受けましょう。同時に事故の相手方の住所、氏名、自賠責保険、任意保険などの情報を確認しておくことも重要です。

②医療機関で診断を受ける

病院や整形外科などの医療機関でレントゲン、CT、MRIなどによる、しっかりした精密検査を受け、診断書をもらいましょう。また、痛みを感じているところはくまなく、初見時のドクターに伝えてください。例えば大まかに「首が痛い」とだけ伝えて、他の部位の痛みを我慢して診断を受けた場合、その後,他の部分の痛みが継続していても、それらの部分の治療に関しては自賠責保険が適用されないというケースも出てくるからです。
さらに、数日後に別の症状や痛みが出てきたような場合は(できれば2週間以内くらいに)、再度、病院や整形外科で受診し、検査を受けましょう。多くの日数が過ぎてしまうと、事故と症状との因果関係が認められなくなり、これによってまた自賠責保険の適用を受けられなくなることがあります。

③保険会社へ連絡

当院での治療を希望、または予定されている場合は、医療機関での検査後に当院で治療することを必ず保険会社にご連絡ください。また、事故後に直接、当院をお訪ねいただいてもけっこうです。その場合は、当院でケガや痛みの具合をお聞きして、医療機関で診療を受ける際の注意点(診療を受けなければいけない部位など)をアドバイスさせていただくことができます。当院での治療開始後の保険会社との交渉、治療費の申請などについては当院が代行いたします。

交通事故治療の流れ

①まずは電話連絡を

むち打ち特有の症状(首や首まわりの痛み、肩の凝り、手足のしびれ、頭痛)や、腰痛などが事故の後に現れてお悩みの患者さまは、あらかじめお電話をいただき、ご来院ください。なお、お越しの際は取り扱い保険会社名と担当者名、すでに病院や整形外科で受診されている場合は診断名(診断書があればベスト)をお知らせください。

②問診

最初の問診では
事故の発生日時とそのときの状況
怪我の具合・症状・痛みなどの自覚症状の有無
病院や整形外科での診断結果と診断名
取り扱い保険会社(会社名、担当者名、住所、連絡先電話番号)
などを確認させていただきます。

③触診・検査

どのような症状が出ているか、現在のケガや痛みの状態などをお聞きしながら、身体の各部に直接触れて、動作の範囲や痛みの部位、身体(骨格)のバランスなどを確認していきます。具体的には
痛みの部位
痛みの程度
各部の筋肉の状態、緊張の有無
各関節の動き、首、肩、肘、腰などに違和感がないか
骨格や関節の歪み
身体バランスの確認
日常生活への影響(支障)
などをチェックします。

④治療の開始と継続

患者さまの年齢や体力、痛みの程度、症状などに合わせて
電気治療、
温冷療法、
手技療法、
マッサージ
鍼灸
などを駆使、必要に応じ湿布、包帯、テーピング等の処置も行います。筋肉の緊張をとることで痛みを軽減し、血行をよくし、新陳代謝を促して回復につなげていきます。また、同時に日常生活における注意点をお伝えし、症状が再発しにくい身体に導いていきます。

⑤治療の終了

患者さまが納得されるレベルまで症状が改善されれば、治療は終了となります。治療期間は患者さまのケガの程度や症状によって異なりますが、多くの場合3~6カ月ほどで症状は落ち着きます。治療の終了を保険会社に連絡し、諸費用を計算してもらいます。その後、送られてくる明細の入った示談内容書をご確認のうえ、問題がなく納得がいけば、治療は完了となります。

交通事故治療

施術中

交通事故の被害者となり、ケガを負った場合、基本的には保険診療(健康保険や社会保険など)ではなく、自由(自費)診療になります。しかしながら、実際の治療費は事故の相手方の自賠責保険によって給付されます。そのため相手方との示談交渉を含めた保険会社との交渉が必要になります。

交通事故に遭うと、身体的な困難はもちろん、精神的な不安に襲われます。相手方や保険会社との交渉、クルマなどの修理、仕事上の損害等々、多くの難問の解決に追われてしまうからです。そうした状況ではついつい自身のケガや不調に気づくのが遅れ、痛みが尾を引いたり、保険手続きが順調に進まなかったりします。

医療機関における診断や治療は、外科的なものが主体です。目には見えない筋肉の緊張状態を改善するような治療は、あまり行われないといってもいいでしょう。筋肉や骨格の問題に関しては、手技療法を主体とする接骨院が対象とするところであり、内部的な問題を根本的に改善していくことにもつながります。

加えて、患者さまに代わって保険会社との交渉は当院で行いますので、精神的な負担も大きく軽減されます。交通事故によるケガでお困りの方は、ぜひとも当院へご連絡下さい。

交通事故とは

事故にあった方の、よくあるお悩みをチェック
  • 首を動かすととても痛く、結局動かせなくなった
  • 偏頭痛がひどくなってきた。
  • 首まわりは大丈夫なのに、肩こりがひどい
  • 手がしびれるのはなぜ
  • ときどき目まいや耳鳴りがする
  • 身体がトーンと重い
  • 病院でもらった湿布がまったく効かない
交通事故治療に精通する春生堂整骨院。
患者さまの負担金は0円(自賠責保険適応の場合)。
1日の通院につき慰謝料4,200円が給付されます。
整形外科、他整骨院からの転院・併用も可能です。

交通事故にあった場合、下記の点に注意して下さい

STEP1 加害者・加害車両の情報把握
事故の相手方の住所、氏名、連絡先、自賠責保険、任意保険などの情報をしっかり集めておきましょう。念のため許可を得て相手方のナンバープレート、免許証、お互いのクルマの状態などを携帯のカメラなどで撮影しておけば、さらにベターです
STEP2 警察への届け出、「交通事故証明書」を忘れずに
届け出がない場合は、保険会社への保険金請求ができなくなります。管轄の警察署に事故を届け出、警察署に備え付けの申請書に必要事項を記入。これを各都道府県の自動車安全運転センターに直接提出、または郵送すると「交通事故証明書」が交付されます。必ず交通事故証明書の発行を受けましょう。
STEP3 専門的な医療機関で検査
症状が軽いと、自分の手当ては後回しになりがちです。数日後から痛みがひどくなって、どんどん悪化するということもあります。整形外科や病院などで、しっかり検査を受け、診断書をもらいましょう。
STEP4 厚生労働省認定院の春生堂グループへご連絡を
深く幅広い知識を持ち、豊富な経験を誇るベテランスタッフが、患者さまに最適の施術を行い、早期における痛みの軽減と日常生活への復帰を図ります。さらに根本的な回復に向け、患者さまと二人三脚で治療を進めます。

整形外科からの転院について

30年の歴史をもつ当院では、数多くの症例の施術を積み重ね、あらゆる保険会社との交渉をもってまいりました。そうした経験からも、整形外科からの転院についてもまったく問題なく進めることができますので、ご安心ください。

病院や整形外科などの医療機関で検査を受けられる際に、ご注意いただきたいことは、レントゲン、CT、MRIなどによる、しっかりした精密検査を受けるとともに,痛みを感じているところはくまなく、初見時のドクターにお伝えいただくことです。

いくつかの部位の痛みを「大したことはないから」と我慢して診断を受けた場合、その後,それらの部位の痛みがひどくなってきても、それらの部位の治療に関しては自賠責保険が適用されないというケースも出てくるからです。